お知らせ

夏のヘアダメージは秋にケアしよう!

こんにちは!
富士宮の美容室グランディールです。

夏は強い日差し、冷房による乾燥、汗・皮脂の影響で頭皮から髪までダメージを受けやすい季節です。

そして秋から冬になると乾燥によって、髪のダメージはさらに進み頭皮のかゆみやフケ、枝毛や抜け毛などさまざまなトラブルの原因になってしまいます。

夏の終わった今の時期はダメージを受けた頭皮と髪をいたわるのも良い季節です。

本格的な冬の前に夏のダメージをケアするヘアケアの一例をご紹介いたします。

hair-care-in-autumn

(1)夏の日差しで受けた髪と頭皮のダメージ

夏は肌だけでなく頭皮も日焼けしています。頭皮がヒリヒリする場合は日焼けで炎症を起こしている可能性があります。

頭皮がヒリヒリする場合や、熱を持っていると感じたらまずは「冷やす」こと。冷やしたタオルなどを軽く頭皮に当てるようにして頭皮を落ち着かせます。

炎症がひどい場合や高温になるとかゆみがひどくなる場合がありますので、頭をかくのはもちろんNG、シャンプーのときもゴシゴシと洗わないように注意しましょう。

日焼けしてしまった頭皮は敏感で刺激に弱くなっています。刺激の低いシャンプーにしたりシャンプー剤の量を減らす、シャワーの水圧を弱めにするなど刺激を抑えて、頭皮の回復を待つのがおすすめです。

(2)汗や皮脂でたくさんべたついた頭皮をケア

夏は季節の中でも一番汗をかきやすい時期です。頭皮では汗や皮脂の分泌が多く、毛穴には汚れが溜まりやすくなっています。

毛穴が詰まると毛髪の成長を妨げるため、毛が細くなったり抜け毛の原因になる可能性が。

スカルプケアのシャンプーなどで頭皮の毛穴を清潔にするのがおすすめです

(3)乾燥で髪と頭皮がパサつく

長く冷房の効いた部屋にいて髪や頭皮が乾燥しパサつきを感じる場合、髪や頭皮を保湿することが大切になります。

乾燥は頭皮のかゆみ、枝毛や切れ毛などの原因にもなります。

髪に潤いを与えるヘアとリートメントに合わせて、頭皮の水分補給も効果的です。

以上、夏のヘアダメージに効果的なヘアケアの一例をご紹介いたしました。

グランディールでは、頭皮をケアする炭酸ケアをはじめヘッドスパ、マイクロバブルといった髪だけでなく頭皮や毛穴までケアするサービスをご用意しております。